パントスチンとは?

パントスチン パントスチンは女性も使用が可能なAGA治療薬です。

パントスチンの有効成分「アルファトラジオール」は、男性用AGA治療薬プロペシアの有効成分である「フィナステリド(※)」と同じく、5αリダクターゼの働きを阻害します。

パントスチンの有効成分アルファトラジオールには、脱毛因子であるDHT(ジヒドロテストステロン)を発生させる、5aリダクターゼの活動を抑制する作用があり、遺伝性の脱毛症に有効です。

フィナステリドを含むAGA治療薬は、男性のみが使用でき、女性の使用は禁止されています。


パントスチン(Pantostin)は個人輸入で入手が可能です


パントスチンの効果

ミノキシジルで効果が無かった人にも

女性の脱毛の原因は、男性と同じ、脱毛因子と言われるDHT(ジヒドロテストステロン)です。

加齢と共に女性ホルモンが減少すると、脱毛因子DHT(ジヒドロテストステロン)が優位になり、毛根内にあるレセプター(受容体)と結びつくことで、毛根を攻撃し、脱毛を引き起こします。

それを改善するには、男性のAGA治療法と同じくDHTを抑える必要があります。

男性向けにはフィナステリドを有効成分とするAGA治療薬がメジャーですが、女性の使用は禁止されています。 女性はミノキシジルを塗布したり服用するしか方法がありませんでした。ただし、ミノキシジルが効かない人もいます。

パントガールパントスチンはミノキシジルとは全く別のアプローチです。

特に、塗り薬であるパントスチンはアルファトラジオールという女性ホルモンが主成分で、DHTの働きを抑えて脱毛を防ぐ、女性向けとしては他に見られないアプローチです。ロゲインやリアップの様にミノキシジルによる血管拡張や血管新生で効果が無かったとしても、パントスチンはDHTを抑制することが主な作用機序となり、そもそものアプローチが異なります。

パントスチンは男性が使用することも可能です。

パントスチン(Pantostin) パントガール(Pantogar)


パントスチンの副作用

パントスチン パントスチンは副作用が比較的少ない

パントスチンは、ミノキシジル(※)の副作用に見られる血圧低下、心拍数の増加などの副作用はありません。

副作用としては、アルコール成分によって頭皮の炎症や発疹、発赤、かゆみが一時的に現れることがあります。 男性用AGA治療薬よりマイルドで副作用が少ないといわれています。

リアップやロゲイン等の有効成分である「ミノキシジル」は血管を拡張する効果があり、副作用として血圧が下がったり、心臓や血管に負担をかけてしまう恐れがあります。


パントスチン(Pantostin)の詳細はこちら


パントスチン


パントスチン(Pantostin)